• 食べるクジラ
  • 商売・集客
  • 料理・レシピ
  • 知ってトク!
  • 学んで博学!

ニュース&トピックス

RSS

登美粋さんの鯨販売情報

2018/10/15 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、日本橋三越本店の催事に、10/17(水)から出店しています。
 
第8回東京まん真ん中 味と匠の大中央区展
日時:10/17(水)−10/22(月)  最終日は18時閉場
場所:日本橋三越本店 本館7階催物会場  
     東京都中央区日本橋室町1-4-1   

立田揚、鯨カツの惣菜と赤身、さらし、ベーコン等の冷凍品をを販売いたします。

「コミュニティフェスティバル」に鯨コーナー登場

2018/10/11 

東京都中央区勝どきのThe Tokyo Towersでコミュニティフェスティバルを開催します。
「クジラのことをもっと知ろう!!!」コーナーがあり、ゆるキャラバレニンちゃんも登場します。

日時:10/20(土) 10:00−17:00
場所:The Tokyo Towers
メイン会場:アクアステージ、タワー広場、コミュニティ・ギャラリー、勝どきマリーナ

*雨天の場合の開催は、前日ポスターでお知らせします。

[水産庁]ワシントン条約常設委員会によるイワシクジラに関する勧告とイワシクジラ製品の国内流通について

2018/10/09 

ワシントン条約常設委員会によるイワシクジラに関する勧告とイワシクジラ製品の国内流通について

平成30年10月5日

平成30年10月1日(月)から5日(金)まで開催されたワシントン条約常設委員会において、日本政府に対し、新北西太平洋鯨類科学調査において捕獲されるイワシクジラの我が国への「輸送」に関して、同条約の規定に適合するよう「速やかに是正措置を講じるべき」との勧告が出されました。

この件に関し、イワシクジラ製品の販売・購入ができなくなるのかとの問い合わせをいただいております。

現在、勧告を踏まえて是正措置の内容を検討中ですが、同勧告は、既に国内に流通しているイワシクジラ製品の流通や消費については触れておらず、日本政府としても、これらを規制するものではございません。

(イワシクジラ製品の国内流通について)
資源管理部国際課捕鯨室
(ワシントン条約常設委員会によるイワシクジラに関する勧告の内容について)
増殖推進部漁場資源課生態系保全室

関連文書:
日本捕鯨協会HP
ワシントン条約常設委員会による調査捕獲したイワシクジラの海からの持ち込みに関する勧告について 

「巣鴨くじら祭り」開催

2018/10/09 

「巣鴨くじら祭り」が、東京の巣鴨地蔵通り商店街入り口「眞性寺」境内で開催されます。

日時:10/21(日) 10時−16時
場所:すがもん広場
     巣鴨地蔵通り商店街入り口
内容:
10:00− チンドンの鳴り響く中なか、鯨缶詰の販売開始
11:00− くじら汁のふるまい 先着1000人・無料です
13:00− 日本伝統の大道芸(放下芸いろいろ)
14:00− 開会式、くじら寄席、くじら川柳の大賞発表
16:00  お開き

大道芸には佐藤まさ志氏が、くじら寄席には三遊亭金八師匠がお見えになります。

「ツノシマクジラ発見20周年記念シンポジウム」開催

2018/10/02 

ツノシマクジラは、1998年に下関市の角島で発見され、2003年に日本人研究者3名の名前でバラエノプテラ・オムライ(Balaenoptera omurai)として発表された新種の大型ヒゲクジラです。下関くじら食文化を守る会では、発見20周年となる本年に、新種発見に尽力された3名の研究者に一堂に会していただき、記念シンポジウムを開催することとしました。是非この機会にシンポジウムにご来場ください。

名称:ツノシマクジラ発見20周年記念シンポジウム

日時:10/8(月) 13:00−16:30(12:30開場)
場所:下関市民会館中ホール
     山口県下関市竹崎町4-5-1
入場料:無料(予約不要)

講演者:
和田志郎氏(元・中央水産研究所資源評価部上席研究員)
大石雅之氏(元・岩手県立博物館学芸部長、同研究協力員、東北大学総合学術博物館協力研究員)
山田格氏(国立科学博物館名誉研究員)
藤野亘氏(道の駅北浦街道豊北駅長)

主催:下関くじら食文化を守る会
共催:下関市、くじら文化を守る下関市議会議員連盟
後援:国立研究開発法人水産研究・教育機構水産大学校、下関市教育委員会、下関市立大学

問い合わせ先:下関くじら食文化を守る会
事務局 古田宏一/石川創
TEL: 083-267-0601/090-6177-1750
shimonoseki-kujira@hotmail.co.jp

登美粋さんの鯨販売情報

2018/10/02 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、パルクアベニュー・カワトクの催事に、9/26(水)から出店しています。

日時:10/3(水)−10/9(火)  
場所:パルクアベニュー・カワトク B1F 食生活館 催事コーナー 
     岩手県盛岡市菜園1-10-1   

立田揚、鯨カツの惣菜と赤身、さらし、ベーコン等の冷凍品をを販売いたします。

登美粋さんの鯨販売情報

2018/09/27 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、天満屋岡山本店の催事に、9/26(水)から出店しています。

第38回江戸・浅草まつり
 日時:9/19(水)−10/1(月)  
 場所:天満屋岡山本店 7階催場 ※最終日は17:00閉場
     岡山市北区表町2丁目1番1号   

立田揚、鯨カツの惣菜と赤身、さらし、ベーコン等の冷凍品をを販売いたします。

「ざこばの朝市」に鯨ブース登場

2018/09/19 

西日本一の規模を誇る「食の拠点」であり、大阪都心の「水の回廊」と臨海部との結節点に位置する「大阪市中央卸売市場(本場)」から、人間の根源にある「食」の大切さや楽しさを、美味しい体験を通して伝えていきたいと、「ざこばの朝市」イベントが開催されています。
今度の朝市では、鯨ブースが登場します。

ざこばの朝市

日時:9/23(日)8:00-14:00 雨天決行
場所:「中央市場前」交差点西側 安治川沿いの遊歩道
     大阪シティ信金ロード(野田南緑道)大阪市福島区野田1-1
入場料:無料
* 入場を制限する場合があります。

登美粋さんの鯨販売情報

2018/09/18 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、近鉄百貨店橿原店の催事に出店します。

全国うまいもの大会
 日時:9/19(水)−9/25(火)  
 場所:近鉄百貨店橿原店 6階催会場 ※最終日は17:00閉場
     橿原市北八木町3-65-11   

立田揚、鯨カツの惣菜と赤身、さらし、ベーコン等の冷凍品をを販売いたします。

「川口ストリートジャズフェスティバル2018」に鯨ブース登場

2018/09/12 

川口フェス実行委員会が開催する「川口ストリートジャズフェスティバル2018」に鯨ブースが出展します。

川⼝ストリートジャズフェスティバル 2018
開催⽇:9/15(土)、9/16(日) 11:00-18:30
参加費:無料(⼀部、リリアホール公演は有料)
会 場:JR川⼝駅 商店街各所 詳細は以下参照
主 催:川⼝フェス実⾏委員会

鯨ブース情報
メニュー、サービス:
鯨カツ(くらさき URL http://www.kujira-shop.jp/ )
・鯨の缶詰、ジャーキー等の販売
・(⼀財)⽇本鯨類研究所による捕鯨活動動画、各種パネル展⽰
会場詳細:
JR川⼝駅前キュポ・ラ広場 鯨ブース
アクセス:
JR川⼝駅東⼝⾄近

登美粋さんの鯨販売情報

2018/09/11 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、大和香林坊店の催事に出店します。

全国うまいもの大会
 日時:9/12(水)−9/18(火)  
 場所:大和 香林坊店 8階ホール ※最終日は18:00閉場
     金沢市香林坊1丁目1番1号   

立田揚、鯨カツの惣菜と赤身、さらし、ベーコン等の冷凍品をを販売いたします。

登美粋さんの鯨販売情報

2018/09/04 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、福屋広島駅前店の催事に出店します。

第20回東西味くらべ大会
 日時:9/6(木)−9/11(火)  
 場所:福屋 広島駅前店 8階催場 ※最終日は17:00閉場
     広島市南区松原町9-1    

立田揚、鯨カツの惣菜と赤身、さらし、ベーコン等の冷凍品を販売いたします。

「第11回くじら料理と月見の会」開催

2018/08/21 

千葉県南房総市で「第11回くじら料理と月見の会」が開催されます。

日時:8/26(日)16:00〜 (雨天・荒天の場合は中止)

開催場所:千葉県南房総市和田浦海水浴場駐車場
(お車でお越しの方は和田コミュニティセンター駐車場をご利用ください。)
※会場に駐車することはできません。

スケジュール:
お餅投げや和田町民舞の会による踊りの披露、松風太鼓による太鼓の競演、各種団体による模擬店の出店などがあります。
※テーブルやイスなどはございませんので、各自でご用意お願い致します。※ご来場の際は懐中電灯をご持参ください。

16:00〜 松風太鼓
16:30〜 キッズリズミック
17:30〜 餅まき
19:00〜 民舞の会の踊

問い合わせ先:
南房総市観光協会
TEL:0470-28-5307

登美粋さんの鯨販売情報

2018/08/09 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、福田屋FKD宇都宮店の催事に出店します。

夏のうまいもの市
 日時:8/10(金)−8/20(月)  
 場所:福田屋 FKD宇都宮店 3階大催事会場
     栃木県宇都宮市今泉町237
  時間:全日10:00−19:00 ※最終日は16:00まで

定番の鯨カツ、立田揚、各種冷凍品を販売いたします。

「くじら料理を喰らう会」開催

2018/08/07 

多くの自然に固まれ、豊富な農畜産物・水産物を有する鹿児島では、おば(さらしくじら)やセシカラなどの郷土料理、定番の大和煮や竜田揚げが食されてきました。
さらなる鯨食の可能性を追求し、より一層鯨食文化を普及させることを目的として、「くじら料理を喰らう会」を開催します。
鹿児島くじら食文化を守る会が主催です。

日時:9/9(日)18時から 

場所:ホテルパレスイン鹿児島
    鹿児島県鹿児島市樋之口町8-2
    TEL:099-223-1111

申込み:要予約です。メールまたはファックスでお申し込み下さい。
    airasyoku@yahoo.co.jp
    9月5日(水)必着。
    定員になり次第締切となります。

問い合わせ:070-5419-3604 花田

「西野嘉憲写真展」開催

2018/07/23 

関東で唯一の捕鯨基地を擁する千葉県南房総市和田浦。
夏の2ヶ月間、房総沖で行われるツチクジラの漁と、海からの恵みを心待ちにする浜の人々の様子の写真展が和歌山県太地町で開催されます。

日時:8/9(木)−8/16(木)9:00−16:30
場所:太地町立石垣記念館
入場無料

写真展記念トークショーも開催されます。

8/11(土・祝)14:00−
「イルカ漁をめぐる軋轢と村人たちの知恵」 竹川大介(北九州市立大学教授)

8/12(日)14:00−
「沖縄の潜水漁・奥飛騨の熊猟・南房総の捕鯨」 西野嘉憲(写真家)

「第20回鯨料理を楽しむ会」開催

2018/07/20 

熊本で20回目となる「鯨料理を楽しむ会」が開催されます。
くまもと鯨料理を楽しむ会と熊本クジラ食文化を守る会が主催です。

日時:9/9(日) 
   受付開始 12:00より
   お食事  11:30より
場所:ANAクラウンプラザホテル 熊本ニュースカイ2階「ストリングス」
    熊本市中央区東阿弥陀寺町2
    TEL:096-354-2111
会費:10,000円

参加ご希望の方は、事務局までお問い合わせ下さい。
お申込みの方へは、折り返し、チケットと振込用紙をお送りいたします。

事務局連絡先:
熊本市中央区下通1-11-22 ロフティ西銀座館2階 鯨・和処ゆう内
TEL:090-3071-0817
メール:info@94ra.com

「函館くじらフェスティバル」開催

2018/07/06 

北海道函館市で「函館マリンフェスティバル」と同時開催で「函館くじらフェスティバル」が開催されます。
大人も子供も“食べて,遊んで,学べる”イベントです。(入場無料)

開催日:
7/22(日) 10:00-15:00(雨天決行)

開催場所:
函館市国際水産・海洋総合研究センター   
函館市弁天町20番5号

主なイベント内容:
○ くじらラーメンの300食限定発売!(11時から。1杯500円。)
○ くじらのベーコン、赤肉、缶詰、各種くじら関連グッズなどの販売
○ くじら汁と竜田揚げの料理教室 11〜13時(要事前申込、定員45名)
○ くじらに関するパネル展示、調査捕鯨に関する映像放映
○ 海の生きものに触れるタッチプール、キッズコーナーなど
〇 飲食ブースもあります。(焼きそば、カレー、海鮮焼きなど)

お問い合わせ:
函館市農林水産部水産課 TEL 0138-21-3336

「ブラジルで開催される第67回IWC総会」講演会開催

2018/07/02 

ブラジル経済の歴史についての教科書的必読書、カイオ・プラード・Jr著『ブラジル経済史』の冒頭部分に、「18世紀後半にはさまざまな捕鯨基地がバイーアからサンタカタリーナまで広がっていた。(中略)捕鯨は18世紀末には衰退し、完全に消滅したのは1830年前後であった」と書かれているように、ブラジルは、かつては捕鯨国でした。20世紀に入って近代捕鯨がパライーバ州で再開されましたが、1985年の漁期を最後に捕鯨は禁止となっており、現在、ブラジル政府の外交方針としては完全反捕鯨の立場を維持してきています。

そんなブラジルの、かつて18世紀に捕鯨基地があったサンタカタリーナ州フロリアノポリスにおいて、9月4日から14日までの日程で第67回IWC(国際捕鯨委員会)総会が開催されます。日本にとってもブラジルにとっても、この国際会議は多面的な多義性を有していますが、捕鯨問題、その他で積極的な活動を行うNPO海のくに・日本と共催で、この問題の重要性についてIWCの日本政府代表でもある森下教授に語っていただく機会を設けました。

森下教授の専門は、国際漁業資源管理や捕鯨問題ですが、1993年から在米日本国大使館で捕鯨問題や大西洋マグロ保存国際委員会を中心に国際漁業交渉を担当されるなど、国際経験は豊富であり、また、行政にもアカデミズムにも通じておられますので、興味深いエピソードも語って頂けるのではないかと思いますので、奮ってご参加頂きたく、ご案内致します。

日時:7/17(火)14:00−15:30
会場:IDB米州開発銀行アジア事務所会議室(内幸町 富国生命ビル16階)
参加費:無料
定員:50名 *定員となり次第、締め切ります。
主催:日本ブラジル中央協会
共催:NPO海のくに・日本
申込:http://nipo-brasil.org/archives/event/lec20180717/
問い合わせ:日本ブラジル中央協会事務局
      info@nipo-brasil.org

登美粋さんの鯨販売情報

2018/06/13 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、東武宇都宮百貨店の催事に出店します。

地下食品催事コーナーの夏
 日時:6/13(水)−6/19(火)  
 場所:東武宇都宮百貨店 B1F催事場
     栃木県宇都宮市宮園町5-4

定番の鯨カツ、立田揚、各種冷凍品を販売する予定です。

登美粋さんの鯨販売情報

2018/05/24 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、松屋銀座の催事に出店します。

初夏のうまいもの市
 日時:5/23(水)−5/29(火)  ※最終日は午後5時閉場
 場所:松屋銀座 地下1階食品催場
     東京都中央区銀座3-6-1

定番の鯨カツ、立田揚、各種冷凍品を販売する予定です。

鯨のお弁当屋さん、開店

2018/05/22 

東京都あきる野市に、調査捕鯨船の元乗組員の鯨のお弁当屋さんが開店しました。

くじらと魚のお弁当やさん らじっく

住所:東京都あきる野市雨間709クローカスK102
電話:042-842-3172

メニュー例
くじら唐揚げ弁当 500円
自店でおろした魚弁当 600円

この他、鯨肉の販売も行っています。
くじら赤肉刺身用 350円/100g
くじら唐揚げ用 300円/100g
くじらの本皮 350円/100g
生畝須スライス 600円/100g

お店のこだわりとして、冷凍魚ではない、生の魚も販売しています。

「鯨フェア」情報

2018/05/21 

東京港区浜松町にある、和食とチーズの融合が楽しめる「個室 和チーズ料理専門店 和ちいず工房 大門・浜松町店」と、燻製の魅力をとことん追求した燻製専門店「個室居酒屋 東京燻製劇場 大門・浜松町店」の2店舗が「鯨フェア」を同時開催中です。

http://labot-inc.co.jp/tokyo-kunsei/smoked_whale/

店舗概要

店舗名:大門・浜松町 個室居酒屋 東京燻製劇場
所在地:〒105-0013 東京都港区浜松町1-27-13 八大浜松町ビル 9F
定休日:不定休あり
営業時間:16:00〜24:00
TEL:03-5777-2193

店舗名:和チーズ料理専門店 和ちいず工房
所在地:〒105-0013 東京都港区浜松町1-27-13 八大浜松町ビル 8F
定休日:不定休あり
営業時間:16:00〜24:00
TEL:03-5777-2146

登美粋さんの鯨販売情報

2018/05/09 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、福屋八丁堀本店の催事に出店します。

東京美味しいものセレクション
 日時:5/10(木)−5/15(火)  ※最終日は午後5時閉場
 場所:福屋八丁堀本店 8階催場
     広島市中区胡町6-26

鯨づくし弁当をはじめ、立田揚、鯨カツの惣菜と赤身、さらし、ベーコン等の冷凍品を
販売する予定です。

「春の鯨まつり」開催

2018/05/07 

宮城県仙台市の「仙台くじら一乃谷」さんで「春の鯨まつり」が開催されます。
日頃よりもお得な価格でくじら料理の美味しさを存分にご堪能いただけます。
ご予約はお電話でどうぞ。

店名:
仙台くじら一乃谷
 仙台市青葉区堤通雨宮町4-10 APPLE堤通雨宮ビル1階
 TEL 022-341-6589
開催期間:
5/10(木)−5/19(土)(ただし日曜日は除く)
金額:
おひとり様 5,000円(税別)
おしながき:
・くじら刺し7点盛り
  (サエズリ、ベーコン、赤身、本皮、食道、胃袋、心臓)  ・くじらステーキ
・くじら竜田揚げ
・くじら握り
・くじらと季節の野菜の煮物
・具だくさんのくじら汁
 (おしながきのメニューは、料理の変更ができます)
時間:
2時間 (10分前にラストオーダーをお伺いにまいります)

※ コース終了後におかわりを承ります。
※ 尚、おかわりは、お料理1種類につき1回までとさせて頂きます。
 (おひとり様:最大2コース分お召し上がり頂けます)

注:その他仕入れの状況により、くじら料理数品の内容は変更する場合がございます。何卒ご了承ください。

登美粋さんの鯨販売情報

2018/03/26 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、大和富山店の催事に出店します。

第4回新東京物語
 日時:3/28(水)−4/3(火)  ※最終日は午後6時終了
 場所:大和富山店 6階ホール
     富山市総曲輪3丁目8番6号

鯨カツや鯨立田揚、冷凍品は刺身・ベーコン・各種部位・さらし等を販売する予定です。

登美粋さんの鯨販売情報

2018/03/20 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、スズラン高崎店の催事に出店します。

春の全国うまいもの会
 日時:3/21(祝・水)−3/27(火)  ※最終日は午後3時閉場
 場所:スズラン高崎店 本館地下2階大催場
     群馬県高崎市宮元町13-1

鯨カツや鯨立田揚、冷凍品は刺身・ベーコン・各種部位・さらし等を販売する予定です。

登美粋さんの鯨販売情報

2018/02/27 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、スズラン前橋店の催事に出店します。

春の全国うまいもの会
 日時:2/28(水)−3/6(火)  ※最終日は午後3時閉場
 場所:スズラン前橋店 本館8階大催場
     群馬県前橋市千代田町2-12-3

「あすと長町こども食堂&おしるこカフェ」開催

2018/02/22 

仙台市の「あすと長町こども食堂&おしるこカフェ」が行われ、鮎川名物のくじら汁とタラのつみれ汁を、皆で作って食べます。

日時:2/25(日)
会場:仙台・あすと長町第一復興住宅・集会所
無料です。

「鯨ウィーク」開催

2018/02/19 

東京都品川区の焼き鳥屋「炭火焼・鮮魚・とりいち」さんが、鯨ウィークを開催します。
鯨ウィーク期間中には、鯨特別メニューが並びます。目玉は1年間にたった1度だけご用意する尾の身。鯨好きならずとも一度は召し上がっていただきたいです。

開催日:
2/19(月)−2/24(土)
場 所:
炭火焼・鮮魚・とりいち
     東京都品川区西大井2-17-18
メニュー:
クジラ刺身盛 3点盛(赤身・サエズリ・潮吹き)/4点盛(赤身・さえずり・百尋・潮吹き)/5点盛(赤身・サエズリ・百尋・潮吹き・尾の身)
クジラとミョウガのすじポン酢
クジラの珍味盛合せ(さえずり・百ヒロ・皮)
赤身の生姜焼き
赤身のフライ
赤身の炙り焼き
赤身とレンコンの白胡椒炒め
さえずりと大根のおでん

「第2回鯨塾」開催

2018/02/19 

NPO法人クジラ食文化を守る会が、「第1回鯨塾」を開催します。

日時:3/17(土)15:00開講
場所:浅草「駒形どぜう」
     東京都台東区駒形1-7-12
店員:40名
会費:3,300円(会場で徴収します)
    会費には下記のお料理が含まれております。
     名物どじょう鍋、くじらご飯、くじら汁、さろしくじら、お新香、ぬるかん(日本酒))
     追加注文の際は、各自でお支払お願致します。

14:45 集合集会
15:00-15:30 1時間目 大隅博士の講義「大人のクジラ生態学」
15:40-16:10 2時間目 小泉先生の講義f江戸時代の食文化とクジラj
質疑応答(その他お話)
講義終了後懇親会ヘ

司会進行は、食生活ジャーナリスト梅崎義人氏です。

申込先:
TEL:070-5580-4522 (11:00-15:00)
メール:syokubunka@kujiragumi.com

お申し込みは、3/12(月)までです。
定員になり次第、締切をいたしますのでご了承下さい。

思わず写真が撮りたくなる!? 「くじらフルコース女子会」開催

2018/02/08 

日本捕鯨協会と鯨の登美粋は、「女性による女性のためのくじら女子会イベント」を共同開催します。
築地で唯一の鯨料理専門店である鯨の登美粋は、鯨の食文化の普及と築地場外市場の発展に向けて、日本食だけでなく様々な世界のメニューやデザートの開発、販売を日々行っています。
本年で3回目となる本イベントでは、和食のイメージが強い鯨料理を前菜からメインまで鯨肉を使った洋風フルコースに仕上げました。また、美容や健康に良いとされるDHA・EPA、イミダペプチドを含む鯨の皮や赤身の部位を使用し、アンチエイジングや美肌などに関心の高い女性に登美粋ならではの鯨料理で体験していただきます。

日時:2/23(金) 開場18時30分 開始19時 終了21時(予定)

場所:パティア秋葉原店2nd店 
    東京都千代田区神田須田町2-19-23野村第三ビル5階

対象:女性(女性同伴の場合、男性もOKです。)

応募:facebookで参加申し込み受け付けます。(応募締め切り2月15日迄)
   https://www.facebook.com/events/150080825772192/

参加確定のお客様には応募順に順次こちらからご連絡いたします。
なお、当日メディアの取材が入る可能性がございます。掲載、放送される事もございますので、ご了承ください。

料金:5000円(税込、フード・ドリンク・お土産込)

協賛:一般財団法人日本鯨類研究所 共同販売株式会社

登美粋さんの鯨販売情報

2018/01/10 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、八木橋百貨店の催事に出店します。

2018新春諸国うまいもの祭り、匠の技展
 日時:1/11(木)−1/16(火)  ※最終日は午後5時にて終了
 場所:八木橋百貨店 7階催事場
     埼玉県熊谷市仲町74
 
人気の鯨カツ、鯨立田揚げ、ベーコン、刺身、さらし等の各種冷凍品と、関東の百貨店さんでは初めての鯨づくし弁当も販売します。

「人と魚と鯨と」開催

2017/11/20 

鹿児島県鹿屋市の細山田小学校で、PTA主催の魚食・鯨食イベントが開催されます。

日にち:11/25(土)
場所:鹿屋市立細山田小学校
     鹿児島県鹿屋市串良町細山田4781-1
内容:
1500−  講演会 講師:大富潤氏(鹿児島大学教授)
15:40−  プレゼンテーション 講師:吉村清和氏(日本捕鯨協会)
16:00−  鯨と魚のワークショップ
      ・鯨と魚のトランプ、しょうぎ大会
      ・めだかワールドワーク
      ・鹿児島地魚紹介ワーク
      ・ウツボ体験
18:00   終了予定

この後、鯨や魚の試食会(交流・懇親会)もあります。
時間:18:30−
場所:細山田小学校体育館
会費:大人1,500円 子ども800円

※ 当日マスコミが来る可能性があります。

参加費無料で予約なしです。ふるってご参加下さい。

「第35回下関さかな祭」開催

2017/11/14 

新鮮な魚や水産加工品等をお得に買える「下関さかな祭」を今年も11月23日(木・祝)に下関漁港(大和町)にて開催します。
毎年恒例のふく鍋、くじら鍋、あんこう鍋、ふく刺し、活魚、水産加工品等の即売を行います。
下関市最大の水産イベントに是非お越しください。

第35回下関さかな祭


開催日時:11/23(木・祝) 8:00-13:00
会場:下関漁港(下関市大和町)

水産加工品・活魚・鮮魚・生鮮魚介類・ふく刺・寿司・生花の即売、ふぐ鍋・あんこう鍋・くじら鍋の販売、魚食普及イベント、料理講習会イベント、本州四端物産展・PR等々、盛りだくさんです。

〇 くじら鍋
価格:
1杯100円 500食×2種類の計1,000食
内容:
<下関くじら鍋>
     くじらの皮とくじら赤身の竜田揚げ入りのすまし仕立ての鍋
<長門くじら鍋>
     くじらの皮とくじら赤身入りの味噌仕立ての鍋
協力:
下関・長門鯨文化交流事業推進協議会

「いきつき勇魚まつり」開催

2017/11/09 

自然の宝庫、長崎県生月島。
地元で獲れた絶品の農水産品、農水産加工品などが勢揃いします。

いきつき勇魚まつり

日時:11/23(木)祝日 10時から
場所:平戸市役所生月支所前 漁港用地広場

平成29年のイベント内容

・それゆけ!アンパンマンショー(特設ステージ) 11:00と14:00の2回公演
・よさこい&市内ダンスチームによる演舞
・ビンゴゲーム
・もちつき・もちまき
・特産品フェア(生月の物産展)鮮魚販売は10時30分から開始
・鯨ブース(鯨料理)
・鯨料理試食会(要補助券1枚)
・福引
・復活! シイラバーガー50個限定販売 etc.

※ 鮮魚は午前中の早いうちに売り切れます。販売数や種類は、定置の漁模様次第です。朝に来てみないと解りません。ご注意を!

「ながさき今昔くじら料理フェア」開催中

2017/11/02 

長崎では、おせちや雑煮など、おめでたい料理によく使われている「くじら」。
古くから美味しい鯨肉を食し、祭りや工芸などの文化にも、くじらと密接な関係がある長崎は、くじらの消費量が全国1位といわれています。
長崎市でくじら料理をたくさんの方に楽しんでいただくため、11月1日から30日まで、『ながさき今昔くじら料理フェア』を実施します。
お刺身や竜田揚げなどおなじみのものから、お店の趣向を凝らした料理が盛りだくさんです。
この機会にぜひ、長崎の歴史と風土が育んだ食文化をご堪能ください。

期間:
11/1(水)−11/30(木)
開催場所:
飲食店の情報は、「魚の美味しいまち長崎」をご覧下さい。

「国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」開催

2017/11/01 

第5回Fish-1グランプリが、今年も開催されます。
Fish-1グランプリは、2つのコンテストで構成されます。
1つは、全国各地の旬の水産物を使った「漁師自慢の魚 プライドフィッシュ料理コンテスト」。全国の地元漁師が自信を持って勧める魚として選定された「プライドフィッシュ」を素材にした料理のコンテストです。
もう1つは、国産の水産物を使った「ファストフィッシュ」を扱う企業・団体の方を対象とした、「地域を元気にする 国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」です。
今年のファストフィッシュコンテストの最終審査6団体に、山口県下関市のマル幸商事「くじらカレー」が選ばれました!
足を運んでみてはいかがですか?

第5回Fish-1グランプリ

開催日:11/19(日)
会場:日比谷公園 ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル会場内
参加料:無料(商品購入には別途料金が必要です)

「恵比寿鯨祭2017オープニングイベント」開催

2017/10/30 

古くから「鯨」と漁業の神様である「恵比寿様」が同一視されていた歴史的背景をもとに、地名にその名を頂く東京都渋谷区恵比寿の人気飲食店に、鯨のオリジナルメニューを開発・提供して頂き、街全体で鯨食文化を盛り上げ、恵比寿地域の活性化に寄与する事を目的とした【恵比寿鯨祭】を、11月2日(水)〜15日(水)で開催します。
そのオープニングイベントとして、恵比寿鯨祭参加10店舗の期間限定オリジナル鯨料理の紹介&試食を行います。また、新旧世代が恵比寿を語る!と題したトークセッションを行います。

日時:11/1(水)
オープニングイベント 19:00−19:45 (受付18:30−)
試食会 ・ 懇親会 19:45−20:45

参加費:無料(30名様限定)

場所:amu
    東京都渋⾕区恵比寿⻄1-17-2

内容 :
開会の挨拶
来賓の挨拶
恵比寿の先輩方と後輩による新旧トークセッション
恵比寿鯨祭2017の参加店の鯨メニュー紹介・試食

登壇者:
水産庁 資源管理部 国際課 課⻑ ⿊川淳一 様(調整中)
⽇本捕鯨協会 会⻑ 山村和夫 様
恵比寿地区町会連合会 会⻑ 松下義男 様
恵比寿新聞 編集責任者 タカハシケンジ様
恵比寿鯨祭実⾏委員会 実⾏委員⻑ 古井貴

「鯨フェス2017」開催

2017/10/27 

The place of tokyoにて鯨フェスが開催されます。超希少部位の尾身から鯨の混ぜソバまで色々な鯨料理が食べられます。
また日本が行っている科学調査のパネル展示やゆるキャラのバレニンちゃんも登場!
鯨のことを食べて、知って、楽しむなら鯨フェス2017へぜひおこしください。

鯨フェス2017

開催日:11/7(火) 12:00−16:00 
参加費:無料
会場:The Place of Tokyo 3階
      東京都港区芝公園3丁目5-4 
受付:The Place of Tokyo 4階
※ 同日、同じ場所(The Place of Tokyo)4階で、共同販売株式会社による「第1次新北西太平洋鯨類科学調査副産物品見会」が開催されます。3階と4階は行き来が自由となっております。
主催:(一財)日本鯨類研究所
協力:日本捕鯨協会

当日のプログラム:
12:00セレモニー、12:15より試食体験
メニュー(例):
鯨寿司(本皮、さえずり(舌)、かのこ(鹿子)等を種にした握り寿司)
刺身盛合せ(尾肉、赤肉、皮、ベーコン等の刺身盛合せ)
鯨のロースト(赤肉をローストビーフ風に。肉感楽しめます)
鯨の混ぜソバ(赤肉と脂をピリ辛風味で仕上げた秘伝ダレをかけた中華麺)他

「第1回鯨塾」開催

2017/10/26 

NPO法人クジラ食文化を守る会が、「第1回鯨塾」を開催します。

日時:11/18(土)14:00開講
場所:元祖渋谷くじら屋
     東京都渋谷区道玄坂2-29-22
店員:30名
会費:1,500円(会場で徴収します)
     名物のくじら串カツとワンドリンク付きです
     時間割:終塾後にくじら屋さんで利用出来る10%OFFの割引券(当日のみ)もつきます
13:45 集合
14:00 名物くじら串カツ試食
14:30-15:00 小泉武夫先生の講義「鯨は国を助く」
15:15-15:45 大隅清治博士の講義「鯨は捕ってもいい−その科学的理由」
司会進行 梅崎義人(クジラ食文化を守る会理事)

申込先:
TEL:070-5580-4522 (11:00-15:00)
メール:syokubunka@kujiragumi.com

登美粋さんの鯨販売情報

2017/10/25 

東京築地の「鯨の登美粋」さんが、そごう大宮店の催事に出店します。

味旅☆全国うまいものバイヤーズセレクションI
 日時:10/25(水)−10/30(月)  ※最終日は午後5時閉場
 場所:そごう大宮店 7階催事場
     埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-6-2
 
人気の鯨カツ、鯨立田揚の惣菜と赤身、鯨ベーコンを販売しています。

「第58回海鷹祭」開催

2017/10/24 

東京・品川にある東京海洋大学で学園祭「第58回海鷹祭」が開催されます。

開催日:11/3(金)−11/5(日)
場所:東京海洋大学 品川キャンパス
    東京都港区港南4−5−7

鯨肉の串焼き、くじら汁等々、様々な種類の模擬店を予定しています。

また、11/4には「第五回雲鷹丸シンポジウム」が開催されます。

テーマ:捕鯨問題の“なぞ”に迫る
日時:11/4(土)13:00−17:00
会場:東京海洋大学 白鷹館二階 多目的スペース1
入場無料
問い合わせ先:一般社団法人楽水会 03−3474-4523

燐光群創立35周年記念公演「くじらと見た夢」

2017/10/24 

まもなく35周年を迎える劇団「燐光群」が、創立35周年記念公演の第一弾として、坂手洋二氏の書き下ろし・演出による新作『くじらと見た夢』を上演します。

期間:11/17(金)−11/26(日)
場所:座・高円寺1
   杉並区高円寺北2-1-2
前売開始:10/8(日)

詳細は、こちらから。

「恵比寿鯨祭2017」開催

2017/10/16 

今年で5年目を迎える「恵比寿鯨祭」。
期間中様々な鯨料理を楽しめる絶好の機会です。
是非恵比寿に足を運んでみてください!

期間:11/1(水)−11/15(水)

各店舗の詳しい情報等は、恵比寿鯨祭公式facebookページをご覧下さい。

参加店舗
1)魚Bar一歩の「一歩風くじらのたたき」
2)やまびこの「鯨のじゃがベーコン」
3)vinsantoの「鯨マカロン」
4)風花の「発酵・くじらのさんが焼き」
5)日本酒&ワイン ノンベエエビスの「鯨肉のシャリアピンステーキ フルーツトマトと野生のルーコラ草のサラダと」
6)ビストロEBITEIの「鯨のブルーソース ジャガイモのロースト添え」
7)サカナバルの「鯨パンチェッタとボルチーニ茸のライスコロッケ」
8)Teppan nikiの「 大葉たっぷり鯨のガーリックライス」
9)Ebisu言の葉の「クジラのカツレツフォアグラ包み」
10)おーる 日本料理×NEW YORKの「(メニューは近日公開!)」

「築地秋まつり2017」開催

2017/10/05 

東京築地では、毎年恒例の「築地秋まつり」が開催されます。

日時 
10/7(土)9:00-16:00
10/8(日)9:00-15:00

会場
築地市場橋駐車場特別会場
魚河岸スタジオ(築地魚河岸3F)

築地場外の「鯨の登美粋」さんでは、鯨立田揚秋まつりスペシャルと新商品のくじらステーキ販売を行います。

食欲の秋に鯨はいかがでしょうか!

「巣鴨くじら祭り」開催

2017/10/02 

「巣鴨くじら祭り」が、東京の巣鴨地蔵通り商店街入り口「眞性寺」境内で開催されます。

日時:10/22(日) 10時−16時
場所:眞性寺境内
     巣鴨地蔵通り商店街入り口
内容:
10:00− チンドンの鳴り響く中なか、鯨缶詰の販売開始
11:00− くじら汁のふるまい 先着1000人・無料です
13:00− 日本伝統の大道芸(放下芸いろいろ)
14:00− 開会式、くじら落語会、くじら川柳の大賞発表
16:00  お開き

大道芸には佐藤まさ志氏が、くじら落語会には三遊亭金八師匠がお見えになります。

「第7回恵比寿ビール坂祭り」開催

2017/09/22 

東京都恵比寿で、「第7回恵比寿ビール坂祭り」が開催されます。

日時:10/8(日) 10:30スタート
場所:ビール坂下 (恵比寿4丁目児童遊園地)

恵比寿ビール坂祭りでは、恵比寿鯨祭実行委員会がブースを出します。
また、鯨の登美粋さんの鯨の立田揚が販売されます。
鯨の登美粋さんHP

今年の秋は、恵比寿をご堪能ください。

「下関市立大学鯨資料室開設10周年記念シンポジウム」開催

2017/09/21 

平成19年度に下関市立大学に鯨資料室が設置されてから10年が経過し、鯨資料室は「くじらのまち下関」に対する一定の地域貢献の役割を担ってきました。そこで、資料室開設10周年を記念し、資料室の収蔵品及び研究対象の柱であり、下関の地域産業、特に水産業を代表する「鯨とふく」について、学生や市民の皆様に対する研究成果の還元、地域貢献を目的としたシンポジウムを下記のとおり開催します。

下関市立大学鯨資料室開設10周年記念シンポジウム

◆日 時:10/28(土)14:00−15:50
◆場 所:海峡メッセ下関10階国際会議場 (下関市豊前田町3丁目3-1)
◆参加費:無料
◆申 込:不要
◆駐車場:海峡メッセ下関駐車場利用者には無料駐車券を配布します
◆主 催:下関市立大学附属地域共創センター
◆後 援:山口県

◆プログラム

司会&コーディネーター:濱田英嗣 氏(下関市立大学附属地域共創センター長)

14:00〜14:05(5分)
開会挨拶:川波洋一 氏(下関市立大学長)

14:05〜14:45(40分)
第1部「鯨油の利用と将来の可能性を探る」
・報告 岸本充弘 氏(下関市立大学附属地域共創センター 委嘱研究員)
・シンポジウム
 コーディネーター:岸本充弘 氏
 パネリスト:吉田幸治 氏(株式会社吉田テクノ 企画管理課長)
       岩田在博 氏(山口県産業技術センター 専門研究員)
(休憩5分)

14:50〜15:30(40分)
第2部「下関初のトラフグ陸上養殖の挑戦」
・報告 城下隆 氏(株式会社EECL 代表取締役)
・シンポジウム
 コーディネーター:濱田英嗣 氏
 パネリスト:盒教訴 氏(九州大学大学院農学研究院 准教授)
       佐々木満 氏(株式会社みなと山口合同新聞社 みなと新聞中国支社 参与)

15:30〜15:45(15分)
質疑応答

15:45〜15:50
閉会挨拶:荻野喜弘 氏(公立大学法人下関市立大学 理事長)

シンポジウム「グローバル社会の正義と文化多様性-捕鯨問題を事例として」開催

2017/09/14 

グローバル社会におけるリーダーの創出を目的とする一橋大学社会学部GLP(グローバル・リーダーズ・プログラム)では、ニューヨーク市在住の映画監督・佐々木芽生監督による講演会をおこなうとともに、捕鯨問題に詳しい論者を招聘し、捕鯨問題解決への糸口を探るシンポジウムを開催します。講演会、パネル・ディスカッションともに参加は無料・自由です。以下のメールアドレスまで、氏名、連絡先、所属を明記のうえ、申し込みください。

一橋大学大学院社会学研究科・社会学部HP
シンポジウム「グローバル社会の正義と文化多様性—捕鯨問題を事例として」のご案内

日時:9/27(水)15:15−18:55

場所:一橋大学インテリジェントホール(国立西キャンパス・本館東南部,JR中央線国立駅南口から徒歩10分)
      国立キャンパス建物配置図(図中6番の建物)

問い合わせ・申し込み:kujira@soc.hit-u.ac.jp
(9月13日より受付開始。先着順。定員に也次第、〆切)

主催 一橋大学大学院社会学研究科; 協賛 一般社団法人自然資源保全協会(GGT)

ページトップへ